「強い洗浄力のスカルプシャンプー」で失敗しない選び方

スカルプシャンプーは強い洗浄力で選んでは失敗します。オイリー頭皮に必要なスカルプシャンプーの選び方をご紹介!

洗浄力

スカルプシャンプーで頭皮のベタベタをとる方法!オイリー頭皮にはアミノ酸がおすすめ

投稿日:

オイリー頭皮にはアミノ酸系スカルプシャンプー

「オイリー頭皮にあうスカルプシャンプーはどれがいいの?」

「油を取るスカルプシャンプーで取れなかったから新しいのを探さないと…」

スカルプシャンプー探しで疲れていませんか?

市販から通販まで数多くのスカルプシャンプーの中から、自分にあうものを探すはとても大変ですよね。

あなたの頭皮がオイリーでベタベタなら、アミノ酸系スカルプシャンプーの洗浄力が1番あいます。

なぜアミノ酸スカルプシャンプーがオイリー頭皮にあうのか、スカルプシャンプーで頭皮のベタベタをとる方法をご紹介します。

市販のスカルプシャンプーで頭皮がベタベタになる理由

市販のスカルプシャンプーは、頭皮をオイリーでベタベタ状態にしています。

皮脂をとるためにスカルプシャンプーを使っているのに、なぜオイリーになるのでしょうか?

頭皮がベタベタになるのは、市販スカルプシャンプーの洗浄成分が原因です。

洗浄力が強すぎるスカルプシャンプーで皮脂過剰に!

市販のスカルプシャンプーは洗浄力を強いものにするために、「高級アルコール系」の洗浄成分で作られています。

洗浄力が強ければベタベタ皮脂を落とすことはできますが、頭皮には負担にしかなりません。

さらに負担を感じた頭皮は、防衛反応を示します。

もともと皮脂は頭皮を守るためにバリアの役目をもっているんです、

だから皮脂を取り過ぎたら、頭皮は自分を守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまうんです。

  1. 強い洗浄力で皮脂をすべて取り去る
  2. 皮脂がなくなったので頭皮は過剰分泌を行う
  3. ベトベトなオイリー頭皮になる
  4. 気持ち悪いので、さらに強い洗浄力のスカルプシャンプーを探す

多くの男性が「洗浄力が強い=オイリー頭皮解消」と思い込んでいるので「1.」~「4.」を繰り返してしまい悪循環から抜け出せなくなっています。

私も、長年オイリー頭皮で悩んできました。

それが市販で売られていないアミノ酸系スカルプシャンプーに変えてから解消されたんです。

石鹸系シャンプーもべたつきの原因

「高級アルコール系」スカルプシャンプーと同じくらい、洗浄力が強すぎて皮脂過剰になるシャンプーがあります。

「石鹸系」スカルプシャンプーです。

「石鹸系」の原料は、自然由来の成分でできているのでとても優しく感じますが、頭皮には刺激が強すぎます。

「高級アルコール系」と同じく、洗浄力が強すぎるのでオイリー頭皮を悪化あせてしまいます。

自然派だから大丈夫だろうと購入する人が多いですが、オイリー頭皮を解消したいのなら「石鹸系」スカルプシャンプーもNGです。

弱い洗浄力のスカルプシャンプーでも毛穴が詰まって酸化促進

強い洗浄力がNGなら、弱い洗浄力のスカルプシャンプーのほうがいいのでしょうか?

市販なら「無添加スカルプシャンプー」や「弱酸性スカルプシャンプー」が洗浄力が弱いものになります。

残念ながら弱い洗浄力でもオイリー頭皮を促進させます。

オイリー頭皮の原因は2種類あるからです。

  1. 皮脂を取りすぎて頭皮が過剰分泌してしまうケース
  2. 皮脂が洗浄されず、どんどん古い皮脂が蓄積されるケース

洗浄力が弱いスカルプシャンプーでは「2.」のケースが起きてしまって、オイリー頭皮の原因となります。

さらに、古い皮脂は「酸化」してしまい頭皮の毛穴を塞いでしまいます。

皮脂は毛穴奥から排出されてくるので、毛穴がつまっていれば出てくることができず蓄積してさらに酸化した皮脂が溜まっていくことになります。

これではオイリー頭皮が解消されるどころか、毛穴奥が不衛生で血行も悪くなるので、抜け毛や薄毛にまで発展してしまうのです。

チャップアップシャンプーは毛穴洗浄できるアミノ酸系スカルプシャンプー

「洗浄力が強くても弱くてもNG…ならシャンプーができないの?」

「強くもない、弱くもないスカルプシャンプーなんてないよ!」

確かに頭皮の皮脂にとってちょうどいいスカルプシャンプーはありませんでした。

しかしチャップアップシャンプーは皮脂のメカニズムにあったスカルプシャンプーです。

その理由は「アミノ酸系」の洗浄成分の中でも、洗浄力が高い成分でできたスカルプシャンプーだからです。

市販のスカルプシャンプーを含めて、ほとんどのスカルプシャンプーは洗浄力が高いアミノ酸系成分で、スカルプシャンプーを作ろうとはしません。

大量生産ができないのでコストがかかってしまい、売上にならないからです。

チャップアップシャンプーは、5種類の高級アミノ酸系成分を独自配合しています。

  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルグルタミン酸2Na
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ココイルトレオニンNa
  • ココイルグルタミン酸Na

特に「ココイルグルタミン酸2Na」はアミノ酸系成分でもトップクラスの洗浄力です。

だから皮脂が多い毛穴まで洗浄することができます。

優しく洗って「皮脂過剰」の予防、さらにしっかり洗って「酸化予防」、どちらも行わないとオイリー頭皮は改善されません。

オイリー頭皮の悩みを解消したいなら、チャップアップシャンプーしかありませんね!

スカルプシャンプーで頭皮のベタベタをとる方法

頭皮のベタベタやべたつきをとるには、アミノ酸系スカルプシャンプーが効果的です。

さらに頭皮だけでなく、現代社会に生きる男性にとっても相性がいいのもアミノ酸系スカルプシャンプーになります。

アミノ酸系なら皮脂を取りすぎない

アミノ酸系のスカルプシャンプーが効果的な理由は、皮脂を取りすぎないからです。

「皮脂をしっかりとって、頭皮のベタベタをとりたいのに、皮脂を取りすぎないって矛盾してない?」と思われるかもしれません。

しかし、除去すべきは「古い皮脂」だけです。

逆に、新鮮は皮脂は残さなくてはいけません。

本来、皮脂は頭皮をバリアするために存在するので、新鮮な皮脂は頭皮に必要です。

そして皮脂バリアは頭皮を攻撃する、現代特有の問題から守ってくれるのです。

  • 紫外線:強い紫外線は頭皮を攻撃し、皮脂過剰につながる
  • 強いエアコン:強いエアコンを受けると頭皮を守ろうと皮脂過剰になる
  • 汚れた大気:汚れた大気に頭皮がふれると刺激で皮脂過剰になる

社会人になり、毎日外で働いている人々は1年中、頭皮を攻撃されているようなものなんです。

だからこそ、皮脂は落としすぎず洗える、アミノ酸系スカルプシャンプーが1番なんですね。

洗いすぎはベタベタ頭皮の原因に

オイリー頭皮の原因は、シャンプーにもあります。

シャンプーの洗いすぎで頭皮は皮脂を過剰に分泌させてしまうからです。

しかしアミノ酸系スカルプシャンプーなら、市販のシャンプーと比べて、優しい洗浄力なので2度洗いをしても負担がかからないのです。

オイリー頭皮は2度洗いが必要だからアミノ酸系だけのスカルプシャンプーが必要

「洗いすぎが皮脂過剰になるなら、2度洗いなんてしなければいいじゃない?」

確かに2度洗いをしなければいいのですが、現代では2度洗いが必要な男性が増えています。

頭皮がオイリーになる原因はさまざまです。その中でも避けては通れない原因があります。

  • ストレス
  • 偏った食事(糖質と脂質のとり過ぎ)
  • 不規則な生活(睡眠不足など)

これらもオイリー頭皮の原因となっています。

しかし改善することは、生活そのものを変えることになるので、社会人には難しすぎます。

つまり生活を変えることが難しいのであれば、オイリー頭皮とうまく付き合っていかなければなりません。

オイリー頭皮が続いている人は2度洗いが必要な場合がほとんどです。

予洗いやブラッシングをしても、皮脂が多いとスカルプシャンプーが泡立たないので、1度では十分に皮脂汚れを落とせないのです。

そこで2度洗いが必要になるのですが、洗浄力が強いスカルプシャンプーでは皮脂過剰が促進されてしまいます。

だからアミノ酸系だけで作られた、洗浄成分が優しいスカルプシャンプーが必要なんです。

チャップアップシャンプーなら皮脂を取りすぎない

「洗浄成分がアミノ酸系だけで作られたスカルプシャンプーなんてないよ」

「洗浄成分がアミノ酸系以外なら2度洗いを我慢するしか無いの?」

確かに、アミノ酸系だけで作られたスカルプシャンプーはありませんでした。

しかしチャップアップシャンプーの洗浄成分はアミノ酸系成分だけ作られています。

市販のほとんどは「アミノ酸系」に「高級アルコール系」を混ぜ合わせた、「アミノ酸配合スカルプシャンプー」ばかりです。

「アミノ酸配合スカルプシャンプー」では洗浄力が強いので2度洗いをすると、洗いすぎで皮脂過剰になってしまいます。

チャップアップシャンプーは、頭皮の負担になるものを省いたスカルプシャンプーです。

チャップアップシャンプーなら安心して2度洗いで、オイリー対策ができますね。

整髪料をしっかりと落とすならアミノ酸系スカルプシャンプー

現代の社会人にかかせない、マストアイテムに整髪料があります。

おしゃれだけでなく、社会人のドレスコードとしても使わない訳にはいきませんよね。

でも整髪料をしっかり落とさないと、皮脂過剰につながってしまいます。

プレシャンが整髪料には必要!だからアミノ酸系スカルプシャンプー

整髪料は油性のものが多く、洗い落とすのがとても大変です。

市販のスカルプシャンプーが、洗浄力が強い理由も整髪料を使う人が多いからなんです。

ですが整髪料を落とすために、洗浄力が強いスカルプシャンプーを使っては皮脂過剰になってしまいます。

そこで重要なのは「プレシャン」です。

「プレシャン」とは簡単にいうと1度目のシャンプーのことで、「プレシャン」を行うことで2度目洗いの時にしっかり洗うことができるんです。

整髪料のように頑固な油性には、「プレシャン」による皮脂過剰対策が必要です。

しかしアミノ酸系スカルプシャンプーのほとんどは整髪料を落とすほどの洗浄力がありません。

チャップアップシャンプーならプレシャンで整髪料をしっかり落とす

「アミノ酸系スカルプシャンプーで整髪料が落ちないなら強い洗浄力を使うしかないの?」

「整髪料をやめることはできないから、皮脂過剰は我慢するしかないの?」

確かに、整髪料をしっかり落とせるアミノ酸系スカルプシャンプーはありませんでした。

しかしチャップアップシャンプーなら、整髪料もしっかり落とせるアミノ酸系スカルプシャンプーです。

違いは配合成分「コカミドメチルMEA」です。

「コカミドメチルMEA」はアミノ酸系成分を強く泡立たせるので、ワックスのような油性整髪料もしっかり落とすことができます。

「コカミドメチルMEA」は刺激性は低い、安全な成分ですから心配する必要はありません。

整髪料にも強いチャップアップシャンプーなら、悩むことなく2度洗いができますね。

-洗浄力

Copyright© 「強い洗浄力のスカルプシャンプー」で失敗しない選び方 , 2017 All Rights Reserved.