「強い洗浄力のスカルプシャンプー」で失敗しない選び方

スカルプシャンプーは強い洗浄力で選んでは失敗します。オイリー頭皮に必要なスカルプシャンプーの選び方をご紹介!

洗浄力

スカルプシャンプーで危険な洗浄力の成分!オイリー男性に必要な洗浄成分を解説

投稿日:

オイリー男性が使うスカルプシャンプーでピッタリの洗浄力はアミノ酸系

「頭皮がベタベタするからCMで洗浄力が強いと言っていたスカルプシャンプーにしよう」

「オイリーな先輩がスカルプシャンプーは洗浄力が強いほうがいいと言っていたから」

そんな基準でスカルプシャンプーを選んでいませんか?

しかし、頭皮がオイリーな男性が、洗浄力が強いスカルプシャンプーを使っては、ベタベタが悪化するだけです。

スカルプシャンプーには、いろいろな種類や洗浄成分があり、頭皮にとって皮脂過剰になる成分もあります。

今回は、洗浄成分の洗浄力や泡立ち等の特徴から、頭皮がオイリーな男性に、本当に必要な洗浄力のスカルプシャンプーをご紹介します。

アミノ酸系の種類で洗浄力が違う

スカルプシャンプーには多くの洗浄成分がありますが、オイリー男性にピッタリなのは「アミノ酸系」スカルプシャンプーの洗浄力です。

洗浄力は、洗浄成分(界面活性剤)の種類によって違います。

洗浄成分(界面活性剤) 洗浄力 頭皮の反応
高級アルコール系 ✕(強すぎる) ✕(皮脂過剰になる)
石鹸系 ✕(強すぎる) ✕(皮脂過剰になる)
アミノ酸系 ◎(優しい) ◎(バリア機能だけ残す)

上の表の通り、洗浄成分(界面活性剤)の洗浄力なら「アミノ酸系」が1番です。その他の「高級アルコール系」「石鹸系」は皮脂過剰になるのでオイリー男性には不向きな洗浄成分(界面活性剤)です。

さらに「アミノ酸系」も数種類に分類され、それぞれ洗浄力が違います。

種類を大別すると以下の通りです。

  • サルコシン系
  • グリシン系
  • タウリン系
  • アスパラギン酸系
  • メチルアラニン系
  • グルタミン酸系

それぞれの「アミノ酸系」洗浄成分の、特徴と洗浄力・泡立ちをご紹介します。

サルコシン系

アミノ酸の中では刺激性が強いものになります。

洗浄力は高レベル。

泡立ちは高レベル。

グリシン系

アミノ酸の中では頭皮をさっぱりさせる事ができます。

洗浄力は高レベル。

泡立ちも高レベル。

タウリン系

バランスに優れているアミノ酸。きめ細かい泡を作ってくれる性質があります。

洗浄力は中レベル。

泡立ちは中レベル。

アスパラギン酸系

バランスのよいアミノ酸です。

洗浄力は中レベル。

泡立ちは中レベル。

アラニン系

バランス型ともいわれるアミノ酸です。

洗浄力は中レベル。

泡立ちは中レベル。

グルタミン酸系

髪や頭皮をしっとりとさせる効果が強い。

洗浄力は低レベル。

泡立ちは低レベル。

アミノ酸系スカルプシャンプーは様々なアミノ酸を混ぜて作られる

アミノ酸によって、洗浄力や泡立ちにかなりの違いがあります。

そこでアミノ酸系スカルプシャンプーは、それぞれの系統を独自配合して作られています。

混ぜ合わさせることで、洗浄力や泡立ちを高くしたり、保湿を上げて、オリジナルのスカルプシャンプーを作っています。

アミノ酸の優しさを残しつつ、洗浄力を保つために研究を重ねて作られています。

しかし、アミノ酸系スカルプシャンプーには、アミノ酸と「高級アルコール系」を混ぜ合わせたものもあるので注意が必要です。

優しいアミノ酸を混ぜても、「高級アルコール系」の洗浄力は強すぎるので、頭皮への負担になってしまいます。

スカルプD・ウルオスは洗浄力が強すぎて頭皮に負担

アミノ酸系スカルプシャンプーには、作り方が2種類あります。

  • 「アミノ酸系」だけでブレンドしたもの
  • 洗浄力が強いもの(高級アルコール系など)と「アミノ酸系」をブレンドしたもの

「アミノ酸系」だけの、スカルプシャンプーは頭皮に優しく、皮脂過剰にもなりにくいものです。

逆に、洗浄力が強いものに「アミノ酸系」を入れても洗浄力が強すぎるので、頭皮には負担になってしまいます。

それでも、洗浄力が強いものに「アミノ酸系」をブレンドしたものが「アミノ酸系スカルプシャンプー」として販売されているんです。

実は「スカルプD」「ウルオス」といった知名度の高いスカルプシャンプーも、洗浄力が強いものをブレンドしたアミノ酸系スカルプシャンプーになります。

スカルプD ウルオス チャップアップシャンプー
高級アルコール系など スルホコハク酸ラウリル二ナトリウム テトラデセンスルホン酸Na液 なし
アミノ酸系 ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム ラウロイルアスパラギン酸Na液 ココイルグルタミン酸2Na
洗浄力 ✕(強すぎる) ✕(強すぎる) ◎(優しい)

アミノ酸系が配合されているだけ、高級アルコール系だけのスカルプシャンプーよりも洗浄力を抑えていますが、それでも強すぎます。

強すぎる洗浄力では、頭皮をバリアする皮脂まで取り除くので、皮脂過剰につながります。

なのでオイリー男性にオススメなのは、アミノ酸系だけでブレンドされたスカルプシャンプーなんです。

アミノ酸系だけのスカルプシャンプーの洗浄力

「アミノ酸系だけのスカルプシャンプーでベトベト皮脂はちゃんと落ちるの?」

「アミノ酸系だけだと優しすぎてオイリー頭皮は解消されないんじゃないの?」

オイリー男性の対策に、アミノ酸系だけのスカルプシャンプーがおすすめですが、洗浄力があるのか心配ですよね。

アミノ酸系だけでも、ベタベタ皮脂はしっかり落とせてサッパリすることができます。

むしろ、アミノ酸系に「高級アルコール系」を混ぜ合わせたスカルプシャンプーのほうが、ヌメリが残ることがあります。

「洗浄力の強さ=サッパリ」ではないんです。

毛穴はアミノ酸系の洗浄力でキレイにできる

アミノ酸系の洗浄力は優しいので、毛穴の皮脂までしっかりと取り除けるか?不安になる人もいると思います。

ですがアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)の中にも、洗浄力が高いものもあるので、しっかりと毛穴ケアもできます。

さらに、アミノ酸系の洗浄力を高めてくれる成分を配合しているシャンプーもあります。

アミノ酸系の毛穴洗浄力を高めるトリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース

アミノ酸系の洗浄力を高める成分が、「トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース」です。

アミノ酸系に配合することで泡立ちがよくなり、保湿と毛穴ケアの効果もあります。

赤ちゃん製品にも使われるくらい安全な成分なので、頭皮にも安心して利用できます。

オイリー頭皮をしっかりと洗浄し、さらにケアまでできれば皮脂過剰に悩まされることがありませんね。

スカルプシャンプーの洗浄力は弱めのほうがいい

「毛穴汚れは落ちにくい!放っておくとベタベタのままでハゲる!」

「だから強い洗浄力のスカルプシャンプーを使おう!」

スカルプシャンプーのCMを見ていると、こんなイメージを抱いてしまいますよね。

実は真逆で、洗浄力が強いほど皮脂過剰の原因になり、オイリー頭皮は改善されません。

オイリー頭皮に必要なのは「洗浄力が優しいスカルプシャンプー」つまり洗浄力が弱めのスカルプシャンプーなんです。

洗浄力が弱いと抜け毛になる?は嘘!

「洗浄力が弱いと抜け毛が増えるんじゃない?」

「頭皮に良くても抜け毛があるのは嫌だ!」

洗浄力が弱いと抜け毛になるとよく言われてますが、誤解です。

確かにちゃんと汚れを落とさないと、抜け毛の可能性はあります。

しかし「汚れを落とす=洗浄力が強くなくてはいけない」ではありません。

むしろ洗浄力が強いほうが、皮脂過剰や頭皮トラブルにつながるので、抜け毛リスクも高まります。

低刺激の洗浄力で抜け毛対策は可能

頭皮は刺激に対してとても敏感です。

洗浄力が強いスカルプシャンプーは、汚れも落ちますが刺激が強すぎます。

さらに「紫外線」「菌」「乾燥した風」など外部刺激をバリアする皮脂まで一緒に取り去ってしまいます。

そうなれば頭皮環境は悪くなるので、抜け毛リスクが高まります。

低刺激の洗浄力こそ、抜け毛対策には必要です。

洗浄力が優しいオーガニックスカルプシャンプーがオススメ

洗浄力が優しいスカルプシャンプーこそ、抜け毛やオイリーと言った頭皮トラブルに必要です。

最近ではオーガニックスカルプシャンプーも、洗浄力が優しいので人気があります。

オーガニックスカルプシャンプーの洗浄力が優しい理由は、洗浄成分がアミノ酸系だからです。

アミノ酸系の優しい洗浄力だけでなく、オーガニック成分のさまざまな効果が頭皮をケアします。

なのでオイリー男性にこそ、オーガニックスカルプシャンプーがオススメです。

スカルプシャンプー

オーガニックスカルプシャンプーならチャップアップの洗浄力が男性には1番!

「オーガニックスカルプシャンプーを探しても女性ものしか無い」

「オーガニックスカルプシャンプーって女性にしか効果ないんじゃない?」

確かに、男性と相性のいいオーガニックスカルプシャンプーはありませんでした。

しかし、チャップアップシャンプーは男性に1番効果的なオーガニックスカルプシャンプーです。

男性の頭皮を考えて作られているので、オイリー男性に効果的な洗浄力です。

さらにチャップアップシャンプーには、10種類のオーガニックエキスを配合してあり、トータルで男性の頭皮をケアします。

チャップアップシャンプーの配合された洗浄力と、オーガニックエキスの効果をご紹介します。

コカミドプロピルベタイン

チャップアップシャンプーには「コカミドプロピルベタイン」が配合されています。

「コカミドプロピルベタイン」はアミノ酸系の洗浄成分です。

赤ちゃん製品にも使われる、低刺激な洗浄成分なので、皮脂過剰を予防してくれる洗浄力です。

ココイルグルタミン酸2Na

洗浄成分「ココイルグルタミン酸2Na」がチャップアップシャンプーには配合されています。

「ココイルグルタミン酸2Na」はアミノ酸系洗浄成分でトップクラスの洗浄力です。

古い皮脂まで優しく落とすので、オイリー男性の悩みを解消してくれます。

ラウロイルアスパラギン酸Na

洗浄成分として「ラウロイルアスパラギン酸Na」もチャップアップシャンプーに配合されています。

「ラウロイルアスパラギン酸Na」は、アトピーの人が使う製品にも配合されるくらい低刺激です。

低刺激ですが、泡立ちがよく、洗い上がりもスッキリするので男性向けのアミノ酸系成分です。

ココイルトレオニンNa

「ココイルトレオニンNa」もアミノ酸系の洗浄成分です。

チャップアップシャンプーに配合されてあります。

皮脂過剰にならないようしっとりとして洗い上げ、保湿効果があります。

ココイルグルタミン酸Na

洗浄成分「ココイルグルタミン酸Na」もアミノ酸系です。

とても低刺激で、補修効果に優れています。

洗い上がりもしっとりなので、保湿効果も高い洗浄成分です。

セージ葉エキス

「セージ葉エキス」はオーガニックエキスです。

期待される効果は「毛穴の広がり抑制」「保湿」「血行促進」などがあります。

ローズマリー葉エキス

「ローズマリー葉エキス」はオーガニックエキスです。

期待される効果は「毛穴引き締め」「血行促進」などがあります。

キュウリ果実エキス

「キュウリ果実エキス」がオーガニックエキスで配合されています。

期待される効果は「保湿」「乾燥予防」などです。

タチジャコウソウ花/葉エキス

「タチジャコウソウ花/葉エキス」がオーガニックエキスで配合されています。

期待される効果は「保湿」「血行促進」「皮膚柔軟」などです。

ラベンダー花エキス

「ラベンダー花エキス」はオーガニックエキスです。

期待される効果は「殺菌」「抗炎症」「抗菌」などです。

セイヨウサンザシ果実エキス

オーガニックエキスの「セイヨウサンザシ果実エキス」が配合されています。

期待される効果は「保湿」「抗炎症」などです。

アルテア根エキス

「アルテア根エキス」もオーガニックエキスです。

期待される効果は「保湿」「皮膚柔軟化」などです。

カミツレ花エキス

「カミツレ花エキス」もオーガニックエキスです。

期待される効果は「保湿」「血行促進」などです。

ゴボウ根エキス

オーガニックエキスとして「ゴボウ根エキス」も配合されています。

期待される効果は「保湿」「血行促進」などです。

トウキンセンカ花エキス

「トウキンセンカ花エキス」もオーガニックエキスです。

期待される効果は「保湿」「抗菌」などです。

オイリー男性に必要な洗浄力のシャンプーは「チャップアップ」

チャップアップシャンプーの洗浄力は優しいアミノ酸系です。

高級なアミノ酸洗浄成分だけで作られたスカルプシャンプーなので、他のスカルプシャンプーとは洗浄力が違います。

古い皮脂だけをしっかり洗い、バリアとなる新鮮な皮脂は残すので皮脂過剰になりません。

さらに10種類のオーガニックエキス効果で、抜け毛や頭皮トラブルが起きにくい状態へ、頭皮を高めてくれます。

オイリー男性が求めている「スッキリ感」と「ベタベタの解消」を叶えてくれる、断トツのスカルプシャンプーです。

1日でも早く、オイリー頭皮の悩みをなくしたいのなら、チャップアップシャンプーしかありませんね。

-洗浄力

Copyright© 「強い洗浄力のスカルプシャンプー」で失敗しない選び方 , 2017 All Rights Reserved.